のんびりする時間は大事です!私の心のモヤモヤの原因。

ここ2週間、心の中がずっとモヤモヤしていました。
特に何か嫌な出来事が起きたというわけではありません。
じゃあなぜこんなにもモヤモヤするのか?
自分なりに考えてみました。
すると心当たりが1つ…。
とても忙しかったんです!
それだけ?と思われるかもしれませんが、それだけです(笑)
私は普段のんびりすることが大好きな性格。
それなのに、普段の仕事や家事にプラスして、週に2〜3回の習い事。
それだけなら、自分の大好きなこともやっているので頑張れます。
しかし、それに加え友達からの頼まれごとや気乗りしない職場関係の付き合いなどもどんどんと入ってきて、もう、てんやわんや状態だったのです。
なので、常に時間に追われている感じがありました。
「全然ぼぉっとする時間ないじゃん!」
心の中で叫びつつも頑張ってきた気がします。
そんなことがあってからのモヤモヤ…。
私にとってのんびりすることがいかに大切だったのか思い知らされることとなりました。
まだ心のモヤモヤが100%消滅したわけではありません。
けれど、気づいた時意識的にのんびりする時間を設けています。
それが5分でも10分でも随分違うものです。
これからも意識して実践し、モヤモヤを解消していこうと思います。

就職と転職ということに関して言うのであれば

就職をする、と言うことはなかなか大変な事になります。ですから、一度就職した場合においてはそのままずっとそこに勤め上げたいと考える人も多いです。それが昔の日本の基本的な考え方であったのですが今では転職をする、と言うのもかなり増えています。最初に就職をした所でスキルを磨き、より高みに行く、と言うのも悪いことではない、という意識を持っておくべきでもある、となったわけです。しかし、問題は転職先をどのように見つけるのか、と言うことになるでしょう。一度就職しましたら、どうしてもそこで得たスキルなどを生かすべき、となるのは当たり前ではあるのですが、その上で出来るだけより条件がよいところにいきたいと考えるべきでもあります。就職も転職も同じ事が言える部分としてあるのが、自分のスキルに見合ったところに行く、と言う事でしょう。そのための情報として今は転職サイトなどがありますから、これはしっかりと登録しておきましょう。脱毛ラボ 無料カウンセリング

よゐこの無人島サバイバルが今年も放送されますね

お笑いコンビのよゐこが無人島でサバイバル生活をする番組が年末に放送されるそうです。こうしてよゐこがサバイバル生活をするのは、元々はいきなり黄金伝説の中の企画で見られるものでしたがそれが中心となった番組が放送されるというのはこれも出世の1つですよね。そのいきなり黄金伝説が既に終わってしまっていますから特別番組といえどこれだけが生き残るのは下克上みたいなものでもありますね。今回の無人島サバイバルではナスDでお馴染みの友寄隆英ディレクターと対決するそうです。ナスDは今や有名になりましたがいわば一般人に当たる人なのでこうしてタレント化するのは経費節減の一環なんでしょうね。それを受け入れる時代になったのも大きいのではないでしょうか?似たような事で言えばジャリズムで活動していた世界のナベアツこと渡邊鐘さんですね。現在は桂三度として落語でも活躍されていますが放送作家としても活躍されていましたからナスDにも通ずるものを感じます。今回の無人島サバイバルは12月29日午後6時30分からだそうです。またあの「獲ったどー!」が聴けるのでしょうか。ミュゼ キャンペーン

仕事関連の朗報が入ってこなきゃおかしい日

日付も変わりまして、運気も多分変わったと思うんですが…さあどうなるんでしょうね?
今日の星座占いは1位で、特に仕事運がかなり良かったんですけど。
「ずっと同じレベルにとどまっていると感じていたことに変化がありそうな日です。」
とかもね。
これが、無職脱出・就職内定、だったら嬉しいんですけど。
ええ、派遣のしごとの連絡…まあ本当なら遅くとも昨日のうちに来るという約束だったんですが、それが今日にズレ込むのは、相手も出張してる身だったので百歩譲れるとして。
だとしたら、今日のこの占いに合わせて朗報もずれ込んだと考えなきゃ筋が通らないですよね?
あと地味に気になっていた、ハローワークから紹介してもらっている方も。
1件は不採用通知が来たんですが、あと2件応募してるので…どっちか、あるいは両方、そろそろ合否のどちらでも良いので来てくれないかな〜と思うんですけど。
まあ、全部受かってるのがベストに決まってはいますけれどね!

バスの運転手さんは、貴重だと思っています

自分が使っていた時には、もちろん、大変なお仕事だとは思っていましたが、そこまで、感じなかったのですが、バスの運転手さんは、貴重ですよね。あまりにも身近過ぎて、みすごされますが、70人以上も載せて、走るのですから、しかも安全に送り届ける仕事です。電車よりも、ずっと、緊張感があると思います。何気なく走っているバスですが、最近は、そんな目で見ています。度胸がないとできません。気にしいでは、務まらないです。
というよりも、やはり、この世の中が、情報で満たされてしまったがゆえに、新亜ピアごとや気にしないといけないことが増え、やりにくくなって、小心者は、務まらないということになるのです。
バスは、とにかく便利ですから。線路のないところを走れるのです。高速バスさえあれば、どこにでも、住めるし、東京に遊びに来ることができるのです。遊べれば、住む必要はないでしょう。泊るところが心配ですよね。外人だけでなく日本人も必要です。

一々裸にならないと人気を撮れないのかと思いますね。

これは朝から不愉快なニュースがあったので記事にしました。朝からテレビを観ていていきなりお盆で股を隠すという下品で破廉恥極まりない。芸人がテレビに出ていました。それを指摘されるとお盆一つで隠すという芸がどれだけ大変かとか美化してきました。裸をテレビの電波に乗せるとかふざけるなと思いましたね。公共の場でそんなものを見てから仕事に行かないといけない人の気持ちにもなれよと思いました。去年もそうでしたかが安心してください履いてますからとか訳の中らない芸を披露する裸芸人もいました。私からしたらそれ等は全て不愉快だと思います。彼等は一発屋といってテレビが一時的に取り上げるからそれで話題になっているのでそれで調子に乗ってるだけだと思いますね。裸芸とか、お盆で股を隠す芸は芸ではないです。ただの露出行為であって気持ち悪いだけです。お茶の間にあんなものはもう二度と出さないでほしいと思いますね。ああいう頭の悪い芸は、ネットだけにしてい欲しいですね。

ラーメンが暑いと、理不尽な怒られ方をしました

家でラーメンを作って家族で食べました。
お腹が空いていた子供は「できたよー」の声を聴いて、一目散にテーブルに着きました。
「いただきまーす」と笑顔で言って、一口食べた瞬間「あっっつっつ!?!?!?」と大声を出しました。
思いのほかラーメンが熱かったようで、「熱い!」と言って怒り出しました。
「熱い!食べられない!」と言って目に涙を溜めています。

「出来立てだからねー。ふーふーして冷ましながら食べてね」と言っても聞く耳を持ちません。
「お腹すいてるのに。今すぐ食べたいのに。熱くて食べられない!」と怒ったままです。
「じゃ、小皿に移して冷ましながら食べようか」と言っても「熱い!熱い!」というばかり。

よっぽどお腹が空いていて聞く耳が持てないのか、熱さにびっくりして気が動転しているのか、収拾がつかないので放っておくことにしました。

しばらくして、ちょっとラーメンが伸びてきたころ、ずるずると啜って食べ始めました。
そして「あんまり美味しくない」の一言。
そりゃ温くて伸びたラーメンですものね。

たまに夜にカラオケバトルの番組などがある話などをします

たまに夜にカラオケバトルという番組がやっていて何度も観たことがあります。中には学生なども出ていて、もしかしたら、中学生とかもいたのかも知れません。若い人でも出れるらしいです。番組にもよるのかもしれませんが、あまりにも、高齢の方も男女ともに出ていない番組もあります。歌い終えると点数などが出て評価されて勝敗を競い合う形なのであります。歌う曲など自分で選べるらしいです。採点者なども歌う人に対し、何らかの意見をしています。基本的に上手い人ばかり出ます。もしかすると何度も日を改めて同じ人が出ることもできるのかも知れません。どちらかというと女性が出てるのが多いと思います。けっこうみんなワイワイしていてにぎやかな印象が見受けられます。感情をこめて歌うのが上手い人ももちろんいますし。あまりの上手さに感激して、場面に対しあっとうされているようなシーンも見受けられます。欠して悪い意味ではありません。むしろその逆で良い意味です。脱毛ラボ 都度払い

娘の成長が著しくて嬉しいような寂しいような・・・

2歳の娘ちゃんが4月から保育園に行き始めて、1週間経とうとしています。初日、周りのお友達は大泣きしてママやおばあちゃんとの別れをとても惜しんでいるのに、我が娘は、キョトン顔で1滴の涙を流す事もなく、お迎えに行ったときも全く泣かず、拍子抜けしました。

母親の私のほうが寂しくて初日たった2時間くらいの慣らし保育の離れている時間、心にぽっかり穴が開いたようでした。そんなこんなで、園で色々な歌や手遊びを覚えて来ては、送迎の車内や、家に帰ってからもずっと歌ったり踊ったり、毎日ワンマンショー状態です。

まだ2歳なのに、チューリップの歌も大体音程も合っていて、すごいな、とかなり親馬鹿になっています。連絡ノートにも毎日にこにこで過ごしていますよ、と書かれていて、その姿を一目見てみたいな、と思ってしまいます。

娘がそうやって園で色々なことを覚えて来て、どんどん成長していく様を見るのは、とても楽しみでもあるのですが、赤ちゃんの頃からずっと私と一緒に過ごしてきた子が、少し遠くへ行ってしまったようで、なんとも言えない寂しさを覚えます。

きっと初めて子供を保育園に預ける親御さんは皆同じ気持ちになるのでしょうね、子供と一緒に親も子離れをするために成長しなければならない時期なのだろうな、としみじみ感じています。

斎藤一人さんの言う「地球とは行動の星」とは本当だったと実感した件。

自分の運を高めたい、斎藤さんのようになりたい。そんな一心で斎藤一人さんの本を読み漁り、「これは正論!」と納得して、それを実生活に取り入れています。今では、けっこうな時間が経つので当たり前のように実践している感じです。教えがよく分からない人、マイナス思考の方にはズレがあり、度々、「この人はどうして物事のネガティブに捉えてしまうのだろう?」と自分の受け止め方にズレが感じる時もありますが、上手く事が運ぶ人、いつまでも上がらない人の差かな?とさえ感じるようになりました。私は全ての事象をプラスに考えることが出来てきた為、ネガティブな毎日を送らないようになったのです。ほぼほぼ完成形に近づいたかなとさえ、自負しています。そんな中、仕事の入っていない休日の過ごし方に変化が起きています。昔、ネガティブ志向だった私は休日にどこかに出かけるとお金を使ってしまう。家でモンモンとした生活をして、リフレッシュどころかストレスの溜まる休日だったのです。仕事の入っている休日は「お金になる、収入になる」という考えで充実しているのです。その結果、仕事も上向かず、お金も貯まらずでした。今では、考えを変え、休日にはクラウドワークスなどを使って自由にお金を稼ぐ日と決めています。自分を表現する日としたのです。出かける予定があれば、迷わず出かけます。オンとオフをくっきりと分けて、とにかくアンテナを張り巡らせて行動する自分になったのです。この生活になってから、毎日が充実、お金も自然と貯まるようになり、くだらない事をグズグズと考えているような生活にはならなくなりました。現在では、クラウドワークスなど休日に小遣い稼ぎをする手段があるので斎藤さんの言う「行動の星」にどんどん近づいている気がします。昔は外に出て、仕事を取らなくては収入がなかった時代ですが、ネットという手段を使えば、いかようにも仕事は入ります。何もしなければ、現状のまま何も変わらず。行動すれば良くも悪くも変わります。まさに行動の星ですね!