掃除をすると気持ちも運気もスッキリ上がりますよ!

昨日は久しぶりに一人の休日でした。前の日に遅くまで会社の行事に参加していたのでとても疲れたために休日は自分の体を休めるために過ごす事にしました。
朝は目覚めるまで寝ていてそれでスッキリしたので起きたあとは家の中で普段出来ない所の掃除をする事にしました。
まずはタンスの裏を掃除したのですが普段は掃除が出来ないのでいつかやろうと思っているうちに何だかんだと半年が経過していました。タンスの裏は壁から少し離れているので埃がすごくてある意味やりがいがありました。今は便利な掃除グッズがあるのでそれを使いごっそり取っては一人でスッキリしていました。
その後はキッチンの壁を綺麗にしようと思いこちらも普段から気になっていたのですがなかなか出来ずにいて早速、クレンザーを使いスポンジでこすってみました。そうしたらすぐに汚れが落ちて元の色がこんな色だったんだとわかる位綺麗になり気分もかなりすっきりしました。
掃除をすると運気も上がるらしいのでたまには掃除を頑張る休日もいいですね!きなり 購入

ファッションに関する本を読んでいて「え?!」を感じる瞬間。

ファッション雑誌は今のトレンドなので読みません。自分がたまに手にするファッション関連の本は、大人になったらこのような服装なら無難、好印象を持たれるファッションという類の本です。40代に入るとファッションに気を使っている人、使っていない人との差は千差万別。正面きって「それ、ダサいよ」なんて指摘してくれる人もいる訳がなく、陰で若い人たちに「クスッ」と笑われる対象になるのは勘弁という思いから、糧にしています。この手の本のパターンが、筆者の趣向が濃い物になっていることです。一つの本を鵜呑みにしてしまう人も中にはいると思いますが、良いとこ取りをしないと笑えるくらいのコーディネートになります。今読んでいる本では、筆者がネイビーの色が好きなようで。確かに紺色はスーツでも、普段着でも幅広く使える色、嫌味のない無難な色なのは分かります。リクルートスーツに紺色がメジャーなのは周知の事実です。しかし、この本では洋服のありとあらゆるものに「ネイビーがオススメ」とあり、それをスーツで実現したら全身真っ青じゃんと思わず、噴き出してしまいました。無難な服装、失礼のない服装、好印象の服装を身につけて、自分なりの独創的ファッションもたまには楽しみたいなとつくづく感じます。すっきりフルーツ青汁 価格

手芸キットで季節ごとの飾りを作るのが楽しい!

インターネット通販で手芸キットを購入し、隙間時間に製作するのにハマっています。
小さい子供がおり、できるだけ日本の文化に触れさせてあげたいと思っています。そのため、製作するものは七夕飾り、五月飾りなど、季節ごとの行事をモチーフにしたものを中心にしています。
手芸キットで検索すると、いろいろなものが販売されています。自分で一からデザインしたり材料をそろえたりする必要がないため、気軽に作ることができます。
少しずつ進めていって、完成した時の達成感があります。子供も製作の過程を見ていて、何が出来上がるのか楽しみにしているようです。
作品がいくつかできてくると、季節ごとに飾るものを変えることで部屋の雰囲気が変わったり、行事を楽しんだりすることができるので、製作する以外の楽しみもあります。
毎年飾って、その行事が終わると片付け、今度は別の飾りを出し、という繰り返しで飽きることがありません。
現在の目標は1ヶ月で1つのテーマとし、12か月分の飾りを製作することです。湘南美容外科 脱毛 割引

三木道三の曲は今でも時々頭の中で流れています

ネットニュースを見ているととても懐かしい名前が出て来ました。
それは三木道三!
確か彼の曲Lifetime Respectがヒットしたのは私の中学生の頃でした。
私はラップ系の曲には全く興味がなかったのですが、歌詞がストレートで耳に残るフレーズで嫌いではありませんでした。
あの頃カラオケで歌った男性はどれ程いたことでしょうか。
彼女がいない人が歌っても寂しいものがありますが(笑)。
この三木道三は今はDOZAN11という名前で活動しているらしいのですが、なんとこの曲がヒットしたものの長いこと歌手活動を休業していたようです。
その理由が病気ということで死亡説も流れていたんだとか?
ヒット曲を出した歌手の方が病気で殆ど寝てばかりの生活とは辛いですね。
売れて印税は沢山入ったかも知れませんが健康はお金では買えないですもの。
すっかりテレビで彼の曲を耳にすることはなくなりましたが私は未だに時々この曲が自分の頭の中で流れていることがあります。キレイモ 顔

宗教関係で親子関係が崩れ周りの人が的になりました。

私の両親は宗教がすごく大事です。
なので私が生まれてからすぐに意志のない状態で
入会をさせられました。

今現在21歳になり、やはりネットなどの噂もあり
両親が真剣に宗教に取り組んでいても
何かと疑う事がありました。

いい事はネットでは書かれなくて
でも周りの宗教に入ってる方々は
この宗教を信じてれば幸せになれると
必ず言ってきます。

ですがそこで疑問に思ったのが
宗教に入っていなければ不幸なのかと…
今付き合ってる男性は無信教です。
なのですが、色々と大変な部分があっても
家族仲良く和気あいあいとしています。
宗教があるから幸せなのではなく
家族関係が良いから幸せなんじゃないかと
思うようになり
私は両親に宗教はしない、
娘も集まりに連れていかない、
と宗教の方での集まりを断っていました。

ある時に娘だけを連れて来いと言われたのですが
時間も遅くて付き合ってる男性が次の日の仕事が早く
寝るのが早い為連れていかないと言うと
わかった、もうお前とY(娘)はもう知らない。
忘れる事にした。と言われました。

どうしてこんなに宗教にこだわるのか…
どうして宗教が大事なのか
宗教をして幸せを手に入れるのであれば
それよりも先に自分達が努力をして
幸せを手に入れればいいのではないのかと
色々考えました。

私は宗教が無い方がいいのではと思ったりしていて
そのお陰で親子関係に溝が出来て上手くも行かなくなりました。
宗教とは何か、人を狂わす道具なのかと思ってます。
きっと頼れる物や信じれる物がそこしかないのかと実感しました。http://nyota.co/musee-vio/

結果は何ごともなく良い先生に当たり良かったです

今日は病院に行って来ました。
先週撮ったCTでおかしな部分があるので一体これは何なのか、どうすればいいのかを聞きに行きました。
CTを撮った結果、別の医師に肝臓に結石が出来ていると言われていました。
しかし今日実際に行ってみたら肝臓ではなく実際には腎臓に結石がありました。
何か治療の必要はあるのかを聞いてみたらこれは悪さをしたりすることはないそうなので何か治療をするという必要はないそうです。
それを聞いて安心しました。
ただでさえ沢山医療費が掛かりますからね。
そしてもう一つ安心することが出来たのが前々から診察を受けたいと思っている先生に診て貰えたことです。
内科の先生は何人もいるのですが、この先生が特に優秀らしいのです。
医師を指導する立場の先生になっているとのことです。
SNSではちょっと面白い感じですが実際はかなり真面目そうな方でした。
やっぱり優秀な先生の言葉は信じることが出来ますし、次の診察もこの先生だといいです。キレイモ9500

フランスやラオスのびっくりする習慣が面白かった

世界の日本人妻スペシャルを見たのですがかなり面白かったです。
日本人にはない文化、本当に不思議ですね。
フランス人はいちごに練乳ではなくホイップクリームを掛けて食べるのだそうですが、かなりたっぷり掛けていて甘い物が苦手な私は「うへぇ」って感じでした。
洗濯機は日本のと違って2時間以上掛かるそうです。
水ではなくお湯じゃないと汚れが落ちないということで、お湯にするのに時間が掛かったりするそうですよ。
他にもびっくりしたことと言えばラオス人のあだ名です。
幼稚園の頃からラオスの人達はあだ名を付けられて呼ばれるそうなのですが、親の職業とかがあだ名になってることも多いそうで。
もし親が無職だったら一体どういうあだ名が付けられるのでしょうかね。
あだ名で呼ばれるというのは彼らにとって普通のことであり、それは大人になっても続いているそうです。
友達同士なのに本名を知らないという人達が出ていましたが、日本では絶対に考えられないことです。
しかし仏教の国ということで最近宗教に関心がある私としては気になってしまいました。http://www.decommunitylegalaid.org/

美人の妻がいても、ついついよそ見をしたくなるのでしょうか。

女優・仲間由紀恵さんの御主人が浮気をしたというニュースがメディアを賑わせていますが、最近ネットの記事を読んでいたら「どうして美人の奥さんがいても、男性は浮気をするのか」という記事を見つけました。
何でも、美人の妻をもらったことで自信がつき、他の女性もいける、と思ってしまうとか、「あんなに美人の奥さんがいるんだから素敵な人に違いない」と思われて誘惑される機会が増えるとか、いろいろ理由があるようでしたが、私はどれも正直「子供っぽい理由だなあ」と思ってしまいました。
美人の妻をもらったのだから、それで一生分の自信をキープするには十分だと思うのは、私が女性だからでしょうか。
結婚しても、まだほかの異性に称賛してもらうことでどんどん自信を得たい、というのは本当にわがままだと思います。
既婚の女性の中にも、結婚後もずっとちやほやされたいという人はいますが、そんな子供じみた理由で家庭の幸せを棒に振るような浮気や不倫に走る人はなかなかいないのではないかと思います。
男性の場合はちょっとちやほやされるどころではなく、実際に誰かにモテることで自信を得られるのでしょうか・・・。
どうにもよくわからない男性心理ですが、今回のことで、浮気したご主人には「やっぱり妻が一番の女性だった」と改めて感じて欲しいと思いました。http://www.tanzania-africa-development.com/